月別アーカイブ: 2015年3月

長春八極拳易筋経 後編 アメブロからのつづき

アメブロ『六合のブログ』からのつづき

易筋経の『易』の意味は辞書にあるとおり『変える』ということでしょう。易筋経で筋、筋肉の性質を変えて勁道をつくる。実際は不随筋まで意識で細かく動かせるよう細分化して力を効率よく伝えるようにうなるということなんでしょうか。ならば、易骨経、易髄経はどうなんでしょうか?長春八極拳の易筋経はもともと少林派のそれとは関係ないからでしょうか、正直なところ私個人はその名称を聞いたことはあっても易骨経、易髄経については分かりません。しかしながらある太極拳の派では『発勁は骨で打つ』という秘訣があると何かの記事で目にしました。普通に考えても相手に打てば作用に対して反作用が働き、反動が返ってくる。効率よく打つならばこれを支えなければならない…、どうやって支えるか?骨格でしょう。筋肉は骨にくっ付いてますしね。最近は古武道の方々も骨格に注目されているようです。これは理に適っているということなのでしょう。打つだけでなく全ての動作に関係してくるのだと思います。武術的に考えれば易骨経も易筋経と同じ套路で追求するのが良いのかもしれません。さて、蛇足です。易髄経(洗髄経)はいわゆる道教(仙道)の内丹功に関係しているとその方面の方から聞いたことがあります。更に深く気功になってくるんですね。よくテレビの海外映像で台湾の方々が男〇器でトラックを引っ張っているあの映像です。これ以上は全く謎なので興味のある方は台湾にいってみるのも良いのではないでしょうか。

武学練用舎は岡山で活動している中国武術 長春八極拳の団体です。http://www.bugakuren.com/

 

牛一頭

日本武道ではよく『たたみ一畳分の広さで練習する』という事を言われます。実は中国武術でも同じように『牛一頭寝た広さの練習』を言われます。狭いところで練習することは身体操作の能力を高めることになります。大きな動作をしないで練習する、つまり無駄な動きをしないで攻防、また『初めは大きく展開するように、後に小さくまとめていく』と言われる練習方法にも繋がって行くわけです。また、歩法も埋歩、換歩など調整しながら行うことで間合いの鍛錬にもなる訳です。最終的には大きな動作をしないで発勁する、つまりは暗勁ですね。私の長春時代、ある時に体育館内の練習であまり歩法(闖歩)や震脚を使ったりして大きな音をたてられない事情あったのですが、ある師伯はほとんど大きな音も立てず激しい動作もしないで自然に練習しておられました。確かに実際に相手と組んだ時にはいちいち震脚したりしないのですが、当時は四苦八苦した覚えがあります。ちょっと脱線しましたが、人によっては『練習場所がない、大きな動作や物音をたてられない』状況から発想を転換して、そういう場所で敢えて練習することで効果をあげるという話です。

武学練用舎は岡山で活動している中国武術 長春八極拳の団体です。http://www.bugakuren.com/