月別アーカイブ: 2015年6月

バランスと力み

よく腰痛の原因は人間が二本足で立つようになってから…と言われます。四本足で安定していた状態から二本足ですからね、お猿さんも二本足の時は何かぎこちなくてヨタヨタしてますから分かりやすい。我々も相手と組むとバランスが取れなくて固まってしまいます、ついつい相手に寄りかかってしまいますよね。それだけでなく一人で套路(型)の練習をしていても、上半身が力む、固まる場合もあるわけです。これは特に胸を開いたり、腕を振ったりしながら重心に移動を行っている時に健著になります、玉乗りしているようなものですね。一番の原因は下半身の筋力不足や安定性の欠如ですが、もっと本質的な原因はバランスがとれてないわけです。無意識にバランスを取ろうとして、身体の一部分に緊張が起こるのです。結局のところフィードバックして身体の軸を意識(立身中正)、頂頭や沈墜勁、十字勁などを働かせるように意識するのですが、これはつまり上下前後左右に向けて引っ張る、同時に逆に中心に向かう力の意識で他の内家拳で言われていることと全く同じことになります。中国武術の理論的な部分(八極拳で言えば三盤合一とか六合)は身体の統一という面からみればバランス的な側面もあるわけです。あくまで、違う角度からの見方であって六合=バランス、勁=バランスの意味ではありませんが…。

武学練用舎は岡山で活動している中国武術 長春八極拳の団体でhttp://www.bugakuren.com/

中国武術入門 能力開発

我々のところでは初心者の方は十路単腿という単式(型)を練習します。第一の目的は基礎体力の養成ですが、あとは武術的動作のための基礎能力の開発です。例えば左右の手、足など別々の動きをする、打つ蹴るなどの動作での身体のバランスや統一性を学ぶことです。単腿では打った瞬間に少しその状態で停止するだけでも勁力の学習という意味では大事な一歩です。最近の若年層はちょっとしたことで転んだり、転んだ時に手をつけなかったりがあるそうです。関節の柔軟性や筋力だけでなくこういった身体の操作性やバランス感覚にも問題があるようですね。…ということは健康面から言って中年、年配の方々だけでなく体育の面で若年層にも効果的ということになります。練習はさらに単掛掌(推手)、二人で組んでしごく単純な対接(組み手)も行います。単に決めた動作で打つのを受ける…的なものですが、これは身体の操作、バランス感覚の目的です。最初は打ったり受けたりの単純な動作でも相手がいるだけでバランスが崩れる場合もあります。一人で套路(型)をおこなうのとは違う能力が必要になってくるわけです。ここで最初に馬歩や站樁で習う姿勢の要求(身法)が必要になってくるのです。健康目的でもこの辺りは無視できませんね。

武学練用舎は岡山で活動している中国武術 長春八極拳の団体です。http://www.bugakuren.com/