月別アーカイブ: 2016年4月

ハイブリッド化

世間はそろそろゴールデンウイーク、それでも今週の日曜日もブガクレンはやってます。他にやることないのか?って…、昔老師にも言われた覚えがあります(笑)。

さて、「日本武道と中国武術の大きな違いってなんだろう…」って思ったことありませんか?私はずっと思ってます、日本人だからでしょうね。個人的な感想では、日本武道は接触する前。『先の先』『後の先』が際立っていて、中国武術は接触してから後の技術が際立っている。…っていっても八極門でも霍慶雲公は相手の動きを読んで『後の先』だったそうだし、譚師爺は立ち会ったほとんどの相手を提肘開門から双纏手でふっ飛ばしたそうで『先の先』だった。高手の老師は関係ないんでしょう。…それでも中国武術は門派にもよりますが、内家拳の接触してからの化勁とかだけでなくて詠春拳に代表される短橋狭馬系の門派の手技のトラッピングなんかもそれで、接触してからですよね。日本武道をされる方が中国武術を研究する場合はそこなのかもしれませんね。どんどん取り入れてハイブリッド化するのは大賛成です。ブガクレンは日本武道経験者の方も歓迎します。

 

4月24日

岡山ローカルの中国武術団体、ブガクレンです。岡山総合グランドは今日も朝から快晴で動くのが心地よい一日でした。しばらくはまた基礎を重点的に行っていきますから、体験練習にはピッタリです。ぜひ一度おいで下さい。

武学練用舎では生徒の方を募集しています。無料体験練習、出張講習会など太田までご連絡下さい。(tel)090-1763-5450

4月17日


朝方は雨がパラパラしてましたが、途中から快晴、岡山総合グランドでいつも通りの練習でした。今日は手を掴まれたり、後ろから抱きつかれたりした時の護身術的なもろもろ練習しました。

ブガクレンでは生徒の方を募集してます。毎週日曜日AM9:00〜11:00岡山総合グランドです。連絡先 太田(tel)090-1763-5450

image

極め

八極拳は初学から発勁(中国武術の力の発し方)のやり方がシンプルで分かりやすくなってます。これは他の門派を学んでる方からしても羨ましい…と人づてで聞いたことがあります。『力を抜いてって言われてるのに…、どうやって力をまとめて出したら良いのか…、最後のキメ(極め)みたいなのが分からない』ということだそうです。確かにシュパシュパ放り投げるように打つ門派や化勁が主で発勁動作が少ないと分からないですよね。…とは言っても八極拳でもこれは完成度の問題があって、六合の合わせのポイントやもろもろの勁のポイント、さらには抖勁などいろいろなポイントをクリアしていくので、上には上がありますけど(笑)。…私もまだまだです。金剛八式など単式から練習できて、終わった後は爽快感もあり門派として非常に優れた特徴だと思います。

ブガクレンは生徒の方を募集してます。練習は毎週日曜日、岡山総合グランドAM9:00〜11:00、無料の体験練習や初学者向けのお試し練習もやってます。連絡は太田まで(tel):090-1763-5450

4月10日

image今日はだいぶ暖かい一日でしたね、練習し易くなりました。基礎をやったり、単式(型です)の練習をしたり、上の写真は槍の練習です。ちょっとハードな練習も軽めの柔らかい練習もチョイスして…ブガクレンでは各々のペースで楽しんで練習してます。取り敢えず、身体を動かしてみませんか!体験練習やってます。(もちろん無料です)

雨櫻

今日は一日中雨、桜満開なのに誰もいない中ぶらぶら花見もオツなもんでした。はてさて私はいつから(大学時代か…)こんなに櫻が好きになったのか…。

中国武術、伝統武道…行き詰まってなんかヒントって事ならば、少しはアドバイスできるかもしれません。ブガクレンは二〜三人から出張講習(時間、曜日)の相談にのります。岡山以外でも考えますよ。

4月3日

桜満開ですね、岡山ローカルの中国武術団体『ブガクレン』今日は総社市武道館での最後の練習でした。今後は練習拠点を岡山総合グランドに移します。興味のある方は太田(tel)09017635450まで連絡下さいね。

本棚の奥から二十数年前に買ってた武術のビデオが出てきました。当時日本で李老師と同じく実戦派で名高かった台湾の老師のものでした、…すっかり忘れてたんですね。デッキはもうとうに壊れてましたが、何とかかんとかして見ることが出来ました…。今、見直してみるとこの方の蹴りは『抖勁』なんですね〜素晴らしい。いわゆる二重螺旋…、凄いなぁ。