脱力か自然か

武術や武道、スポーツだけなく他の分野でもよく『力を抜く』ということを言われます。実際には脱力しすぎのフニャフニャで用をなしていなかったり、その逆だったりですね…。いろんな場面に遭遇してしまいますが、長春八極拳では『力を抜く』とか『リラックス』という表現で指導されたことはありません。そういった場面で言われる言葉は『自然に』です。なんだ…同じだなと思われるかもしれませんね。

『ありのまま…、意識しない、無理に力まない』と理解してよいと思います。一人で行う套路(型)の練習だけでなく、相手と組んだりして技を掛ける、掛けられる状況下で身体に負担がかかっているのに『自然に』ですから、いわゆる通常のふにゃふにゃの脱力の意味ではないですね(笑)。しかも基礎のころから立身中正とか含胸抜背などを身体に染み込ませて六合を練習するなかで、更にですから。意味はかなり深いのです。なんか一般的な八極拳の剛イメージと異なりますね、まるで内家拳のようです。八極拳も内家拳も同じ武当派ですから似てるところがあっても当たり前な訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)